介護福祉士の合格率

7月 20th, 2013

介護福祉士の合格率に関してです。
この会合福祉士の資格に関しては、年々受験者数は増加していっています。これは、近年になって高齢化社会が進むにつれて、そのニーズが増えて行っているため、資格を持っておきたいという人が増えて行っていることが原因と考えられます。
合格率に関してですが、平成12年度における合格率は約50%くらいでした。そこから平均してその水準を保ってきましたが、近年の合格率は60%を超えるものとなっています。
これについては、やはり介護福祉士の資格を取ろうという人の意識が高まってきていることを意味しているのではないでしょうか。今後、合格率が高まってくることによってでも、まだまだ介護福祉士は必要とされる資格であることは間違いないでしょうが、もっと技術と知識が必要とされる資格として、更に難易度が高まってくることも考えられます。
しかし、問題としてあるのが介護福祉士として働く人の賃金の問題となってきますが、今後合格者数が増えていくと共に、その問題も徐々にではあるでしょうが解決の方向に進んでいくと予想されます。

他とは一味違う江古田 美容室
ブライダルシェービング 東京
後悔しない部分切開
買い物するなら楽天
Gooで欲しいもの見つかる